スポーツ傷害

スポーツによる痛み

 いちょう通り接骨院では スポーツ外傷 スポーツ障害の患者さんに対して適確な施術と指導を行い、ケガの早期回復再発防止に努めております。

 いちょう通り接骨院では受傷した場所、受傷した時の状況と、受傷前後の身体の状態を把握し、ケガの施術と機能回復 希望によりケガの原因になったヶ所の機能回復やパフォーマンス向上を行っております。

スポーツ外傷とスポーツ障害の違い

【 スポーツ外傷 】

 スポーツ中に明らかな外力により受傷したケガで、一回の大きな力が加わることによって急に生じるものです。( 骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷・突き指・肉離れ等です。 )

【 スポーツ障害 】

 明らかな外傷の既往が無くスポーツ時の繰り返しの負担により生じたケガのことを言います。過度の練習や誤った使い方により疲労の蓄積をきっかけに炎症を起こしてしまった状態 )

 

スポーツ外傷スポーツ障害を合わせてスポーツ傷害と言います。

いちょう通り接骨院の施術法

 当院のスポーツ傷害に対しての施術法は、ケガした箇所の状態を把握し治癒を促進させる方法とケガした箇所の負担を軽減するための方法を用います。

 

当院では骨 筋肉 靱帯 神経 関節 の損傷に対し非常に効果の高いFIT療法ソチ・ロンドン五輪にも採用され、プロスポーツ選手も推奨する特殊医療機器 立体動体波を使用した施術をお勧めしております。 

フィット療法とは?

 超音波療法の権威でJATAC認定スポーツトレーナー仙台の「ふじい接骨院」藤井 裕文 先生と超音波機器メーカーの伊藤超短波㈱の共同開発により生み出された療法で、超音波ハイボルテージ微弱電流の特性を効率的に最大限発揮させる非常に効果の高い施術法です。

特殊医療機器とは?

〖 微弱電流 〗

 微弱電流医療器は、μA(マイクロアンペア)という単位の、非常に弱い電流を使用する医療器です。

 低周波医療器の1/100万の単位の電流です。.

 

 ピリピリ感がなく、使用中に何も感じない患者さんが殆どです。

 

( 微弱電流の主な作用 ) 

① 細胞レベルで組織を修復する

 正常な人体の細胞には、生体電流と呼ばれるμA単位の微弱な電気が流れています。

 組織が損傷すると細胞の生体電流に異常が起き、それを修復する為に損傷電流と呼ばれる同じくμA単位の微弱な電流が流れます。

 微弱電流医療器を使うと、この損傷電流と同じような電流を流すことが出来るので、組織の修復・回復を早めてくれます。

 

 微弱な電流が細胞内のミトコンドリアを活性化!

 高エネルギー物質(ATP)の産生を促し損傷組織のタンパク質合成を促進!

 

② 痛みの軽減作用

 組織が損傷を受けた際に発生するプロスタグランジン、ブラジキニン等の化学発痛物質を除去する。

 エンドルフィン、エンケファリン等の鎮痛物質の生成を促進する。

 

 特に、腫脹・皮下出血など炎症性の疾患に有効です。

 

〖 ハイボルテージ 〗

「高電圧電気刺激療法」のことです。

 欧米でよく使用されている療法で、最近ではドーピングに厳しい「オリンピック競技選手」の痛みの改善や処置に使用されています。

 従来の電気医療器に比べ、より短時間で痛みを軽減できることから、効果がその場で要求されるプロスポーツの現場で特に重宝されています。

 現在は日本でもその効果が実証され新たな医療器として効果を発揮しています。

 電気刺激療法は直接患部の炎症(痛みが出ている場所)の抑制、痛みの軽減、治癒力を促進する施術法です。

 

( 施術は痛いのでしょうか?)

 皮膚には刺激からの衝撃を抑える作用があり、弱い電流では深部に達する前に施術効果が薄れてしまいます。逆に高電圧であれば皮膚の抵抗があっても深部まで十分に刺激できて痛みの原因である最深部(痛みの根本)の施術が可能です。

 すなわち、非常に高い鎮痛効果と即効性が望めます。

 ビリビリ感が非常に少ないのが特徴で電気が苦手な人でも比較的安心して施術を受けていただけます。

( 施術効果はどうなのでしょうか?)

 ハイボルテージ療法は、最も副作用が少なく、痛みの軽減・関節の動きの改善・血流の促進に効果的な療法です。

 体感すれば効果は一目瞭然です!

 3~5回続けて施術した方の90%以上が効果的と実感しています。

 プロスポーツ選手なども使用している最新の医療機器です。

 

〖立体動体波3D刺激装置(ES-525)〗

 

プロスポーツ選手も推奨する特殊医療機器

( ソチ・ロンドン五輪にも採用されました。 )

 

 WBC・プレミアム12・柔道や陸上などの世界大会でも選手のケガを治すために使われています。

 身体作りに凄くこだわるダルビッシュ投手も使用プロ野球の全球団が使用してます。

 

( 立体動体波 3D刺激装置ってどんな機械? )

 異なる方向に流れる3つの中周波を干渉させることで、立体的で複雑な干渉域を発生させ、その中を施術電流がうねるように流れることにより、立体的に患部の施術を行うことを可能にした医療器です。

 深層から表層まで深く広く取りこぼしがないように施術ポイントをカバーでき、鎮痛や筋障害に対してとても高い効果を発揮します。

 

 

受付・施術時間

 
午前 -
午後 -

※ △は予約制で交通事故被害者の方と自費の方の施術を行っております。

【受付時間】
午前 7:30 ~ 午後 12:30
午後 3:30 ~ 午後 7:30

【施術時間】
午前 8:30 ~ 午後 12:30
午後 3:30 ~ 午後 7:30

【定休日】
日曜・祝日
※連休時のお休みは新着情報でご確認下さい。

所在地

〒504-0855
岐阜県各務原市
蘇原新栄町1-71-5

058-322-6201

お問合せ・アクセス・地図

お役立ちリンク

PageTop