五十肩でお悩みの方へ

五十肩の主な原因

 近年、五十肩には腱板の断裂が関係しているということが解ってきております。

 腱板というのは肩を深部で支える4つの筋肉(棘上筋・棘下筋・肩甲下筋・小円筋)の骨への付着部腱の総称です。

1、腱板断裂の理由

⑴加齢によるもの: 腱の部分は血流が悪くなり易いことから、栄養が行き届かず劣化しやすい場所である。

⑵肩の機能不全:肩を深部で支える4つの筋肉(棘上筋・棘下筋・肩甲下筋・小円筋)の動きは肩甲骨の動きと連動して働いているために、姿勢の悪い人や肩こりの人では上手に働いておらず腱板に負担をかけている。

⑶転倒による強打、手をついたことでの衝撃:思わぬ外力により上手に筋肉が働かずに腱が挟まれる。

と、様々な理由があります。

2、腱板断裂の症状

腕外側の痛み、夜間痛、運動障害など症状の現れる症候性腱板断裂と、症状の現れない無症候性腱板断裂があります。

自然に修復するものはまれで、無症候性腱板断裂でも2~3年で50%は症候性に移行します。

五十肩が生じるとどうなるか

五十肩が生じると、肩から腕にかけて痛みが出ます。

急性期のころは非常に強い痛みが生じることが多く、夜間痛が生じて眠れないという方もいらっしゃいます。

痛みが比較的落ち着いてきた場合でも、動かすと痛むために手が挙げられなくなったり、腰に手が回せなくなったりといった状態になることがあります。

こうなると、痛みにより可動域が狭まってしまい、髪を洗う時など、日常生活のさまざまな場面で支障が生じてしまいます。

 

 

五十肩は当院にご相談ください

こうした五十肩の痛みについてお悩みになっている方は、各務原のいちょう通り接骨院までご相談ください。

各務原のいちょう通り接骨院では、まずは特殊機器により痛みなどを抑えることを目的とした施術をおこないます。

そしてその後、手技や特殊機器を組み合わせて用い、損傷箇所の状態改善や可動域の改善を目指します。

五十肩の痛みや損傷の状態、どのような動作で痛むかということについては、個人差があり、当然、おこなうべき施術の種類や時間も異なります。

各務原のいちょう通り接骨院では一人ひとりのお体の状態や生活状況などをしっかりと把握したうえで、それに合わせた施術をさせていただきます。

必要に応じて、日常生活をどのようにお過ごしいただくとよいかというアドバイスや、日常でできる軽い運動の指導などもさせていただいておりますので、五十肩の痛みでお悩みになっている方はぜひ一度各務原のいちょう通り接骨院ご相談ください。

 

R1,11,27 文責 いちょう通り接骨院 院長 牧村康広

受付・施術時間

 
午前 -
午後 -

※ △は予約制で自動車での事故被害者の方と自費の方の施術を行っております。

【受付時間】
午前 7:30 ~ 午後 12:30
午後 3:30 ~ 午後 7:30

【施術時間】
午前 8:30 ~ 午後 12:30
午後 3:30 ~ 午後 7:30

【定休日】
日曜・祝日
※連休時のお休みは新着情報でご確認下さい。

所在地

〒504-0855
岐阜県各務原市
蘇原新栄町1-71-5

058-322-6201

お問合せ・アクセス・地図

腱板断裂に繋がる症状

各務原のいちょう通り接骨院に様々な症状で来院されるみなさんの生活習慣とお体を観察していると、将来的に五十肩症状が現われるだろうと思われる方が大変多いことに気付きます。
【 各務原のいちょう通り接骨院の観察 】
各務原のいちょう通り接骨院では様々な症状で来院される方でも、時折 肩関節の動きをチェックし損傷の疑いが無いか?機能的に動いているか?お悩みの症状との関連性を観察しています。
非常に関連していると思われる症状は多く、骨盤の動き・背骨の湾曲・呼吸・肩甲骨の動き・頸椎の動き・腱板筋の動き・足首の柔軟性・運動習慣・循環器疾患 代謝性疾患の有無など多くの項目が関連していると思われます。
【 各務原のいちょう通り接骨院の対応 】
各務原のいちょう通り接骨院では施術を行う中で皆さんに改善が必要な人には施術をお勧めし、自分で気を付けられる点はアドバイスするようにしています。
【 いちょう通り接骨院がお勧めする施術 】
運動器(関連する各筋肉の働きや柔軟性の改善・関連する各関節の動きの改善・呼吸筋の働き改善・自律神経の安定化)
【 いちょう通り接骨院が考える肩からの微妙な警告サイン】
歯磨きする時手が重く感じる。髪の毛を整えている時手が重い。両手を上げた時頭から腕までの隙間に左右差がある。背中に手が回りずらい。

心当たりのある方はいちょう通り接骨院にご相談下さい。

R1,11,27 文責 いちょう通り接骨院 院長 牧村康広

お役立ちリンク

PageTop